初心者、主婦、苦手な人向け スマートフォン活用情報
初心者、主婦、苦手な人向け スマートフォン活用情報
格安スマホ基本編
格安スマホとは?
最初にこのページを書いていた頃からずいぶんサービス向上されてきましたので、もう少し詳しく改訂しようと思います。 しかし、まだ格安スマホを利用している人は10%程度しか利用されていないというので、たぶん、まだ分かりにくい部分もあるのだと思います。 格安スマホというのはドコモ、ソフトバンク、auなどの回線を間借りしている業者が提供しているSIMを、間借りしている業者で利用できるスマートフォンにSIMを差し込んで使えば利用できます。 なので利用するには2つことが必要になる。
  • 格安SIM
  • 対応しているスマホ
選択基準は何を重視しますか?
格安スマホといえば、料金が一番の売りだと思いますが、今ではサービスも向上し、大容量フランや、オプション料金で何分間か話し放題まで広がっています。無料WiFiの利用などあります。 大手会社のメールアドレス、電話かけ放題を使う人、通信回線の品質は、大手3社(ドコモ、ソフトバンク、au)のサービスは合うのではと思いますが、電話はあまり使わない、ネットは主に家で使う人はWiFiが使えますし、メールにもこだわらない場合には格安スマホの方が安いです。
注意点
  • 携帯会社のメールアドレスが使えなくなることが最大のデメリット。
  • 無料などのメールアドレスなどメールアドレスを用意する。
  • メール到着と同時に通知する基本はプッシュ通知機能が使えない(Yahooメールを利用するとアプリではプッシュ通知が使える機能があります。)
  • LINEのID検索が使えない。(パソコン版を使えば対応)
  • クレジットカード決済のみが多い
格安SIMを利用するときに考えること
  • 電話として使うのであれば音声通話対応のSIMを契約
  • 必要なデータ容量の分の価格を調べる。
  • 何分間のかけ放題のオプションがあるかなど、どんなオプションがあるかどうかとその価格を確認
  • 支払方法
  • MNPがWEBで転入できるどうか
  • MNPのとき、解約のときに店舗にいかないといけないところも、たまにあったりしますので注意が必要です。
SIMフリー対応のスマホを用意
FREETEL(フリーテル)、HUAWEI(ファーウェイ)、ASUS(エイスース)などの比較的安く性能のものも増えてきました。またiPhoneも対応している格安SIMもあります。 中古のものや、白ロムとも呼ばれるものなど、契約した会社のSIMがSIMフリーに対応しているものがあれば、スマホ本体は使えるものもあります。 また大手3社で買ったものにはSIMロック(他社では使えないように)されていますが、2015年5月1日以降のは無料、それ以前のものは有料でSIMロックを解除してもらえるものもあります。
通信制限とは
契約した容量の通信を使うと通信速度の制限を受けます。しかし通信できなくなるところがわけではありません。 直近3日間である程度の容量分を使うと通信速度制限というのもあったりします。大手3社でも制限があるプランもあるのでそこは会社によります。

豊富なプランで自分に合ったプランが見つけることができるかも。
U-mobile